• トップページ
  • どんな会社?どんな仕事?
  • 募集要項
  • メッセージ
  • 社内の様子
エントリー
BACK
久津呂有希メイン

久津呂有希コピー

月と六ペンスと出会ったきっかけ・入社を決めた理由

久津呂有希1

出会いは、通っていた専門学校の就職ガイダンス。私の夢は、紙のグラフィックデザイナーを経てアートディレクターになることです。しかし、商品企画も製本の仕方も写真も勉強しましたが、Webだけは勉強する機会がありませんでした。そんな中で、谷口社長のあたたかい言葉が二つ、胸に響きました。
一つ目は”良いお客様に恵まれている”こと。
就職活動中に訪問した会社の中で、学生にお客様の良さを伝える会社は、月と六ペンスが初めてでした。お客様を誇りに思っていることは、仕事を誇りに思っていること。大切に思えるからこそできる提案、表現がきっとたくさんあるだろうと思い、心が動きました。
二つ目は”小さい会社でしかできないチャンスがたくさんある”こと。
私は限定言葉に弱いタイプで(笑)、さらにはチャレンジしたがりなタイプのため、この時点ですでに『この会社でWebをやってみたい』と思っていました。その後、インターンシップとアルバイトを経て、未知の世界で戸惑っている私に先輩方は丁寧にWebの基本を教えてくださり、私が関わってもいいの? というようなお仕事までさせてくださいました。
できることはまだ少ないですが、気持ちのよい音楽が流れる社内で、あたたかい社長、先輩の下で成長し恩返しをしたいと思い入社を決めました。

現在の仕事内容は?

久津呂有希2

主に、画像編集(Photoshop、Illustratorを用いた写真の加工・切り取り、バナー作成、円グラフの作成など)と、コード編集(Dreamweaverを用いたホームページの編集、新着記事の追加など)をしています。
また、リクルートサイトのデザインを担当しました。手書きの文字の反映など、かなり自由にやらせてもらい、とても楽しく制作しました。同時に、紙とWebの違いに悩んだり、全体を作るという初めての作業に戸惑ったり、大変なことも多かったです。形にすることができて、デザイナーとしての大きな一歩を踏み出せた気がします。

成長した点・モチベーションはなんですか?

仕事内容でわからないところがあった時に、先輩に聞いて終わらせてしまうのではなく、自分でなんとかやってみる挑戦力が身につきました。ねばってねばってやっと思うようにページが反映された時は本当に嬉しくて、「この業界に入ってよかった」と社内で一人しみじみしていました。
そんな私のモチベーションは、出勤した際に、仕事に必要なグッズを準備する一連の作業です。大好きなメモ帳に、大好きなJETSTREAMのボールペン。さらに大好きな音楽を流せば、もう踊り出しそうです。
しかし、それよりももっと強力なものがあります。それは先輩に「助かる」、「ありがとう」と言われること。Webを勉強した学生なら一瞬で終わってしまいそうな作業を、ものすごく時間をかけてミスを連発しながら提出しても、最後には必ず「ありがとう」と言ってくださいます。戦力になれずに落ち込んでいる時でも「次こそ頑張ろう」と前向きにしてくれる魔法の言葉です。今後私にも後輩ができたら、たくさん「ありがとう」を言いたいです。

Webへ挑戦する人へのメッセージ

久津呂有希3

私は、Web業界に飛び込んだのはいいですが、ほとんどが初めてということもありミスばかりしてしまいます。その都度恥ずかしいし、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
しかし、小さなことでも何かをやり遂げたり、「ありがとう」と言ってもらえたりすると、失敗してしまった分とても嬉しいし、やりがいを感じます。これは、初心者の特権だと思います。私は技術を持ち合わせていないので、少しでも人のためになれること、先輩方のあたたかさを頼りにお仕事をしています。私のように違う業界へ挑戦してみようと考えている方もいると思いますが、その選択に正解、不正解はなく、自分にとってのやりがいさえ見つけられれば、その仕事が天職なのだと思います。