• トップページ
  • どんな会社?どんな仕事?
  • 募集要項
  • メッセージ
  • 社内の様子
エントリー
BACK
安岡里菜メイン

安岡里菜コピー

応募したきっかけ

月と六ペンスでアルバイトを始めたのは、大学4年生の9月。それまでは接客のアルバイトをしていたのですが、就職する前にオフィスワークを経験してみたくて、新しいアルバイト先を探していました。学校に通いながら無理なく働けるオフィスを探していたところ、月と六ペンスは条件にぴったりでした。

現在の仕事内容は?

安岡里菜1

Dreamweaverを用いたコードの編集・ページ作成です。また、Photoshopを用いた画像編集の仕事も多いです。画像の切り取り・サイズ変更・色味の変更・簡単な画像作成など。その他、PHPやMysqlも触りました。
私の場合は、大学でHTML入門を学んでいたので、コードの意味はだいたい理解できていました。しかし、専用のソフトを触るのは初めてで、操作を覚えるまでは難しかったです。特にPhotoshopはまったく初めてで、とても不安でした。しかし、わからないことは先輩たちに聞けば優しく教えてもらえますし、半年働いた今ではショートカットキーも使いこなせるまでになりました。

職場の雰囲気は?

安岡里菜2

とても自由な感じで、気張らずに仕事ができます。先輩たちと一緒に過ごす時間が多く、何度かご飯にも連れていってもらいました。
また、これまで接客業しかしたことのなかった私には、『分担して作業する』という仕事内容がとても新鮮でした。たとえば、自分が編集した画像を、先輩がページ内に入れてレイアウトしていく……。そんな流れを見ていると、『みんなで作っている!』という”共同感”? とでもいうのでしょうか。それがすごく楽しいです。

できるようになったこと・成長した点

安岡里菜3

Web関連のことはほぼ全部です(笑) あと、働き始めたころは、”スピード重視”でやっていて確認を怠っていた部分がありました。オフィスワークは接客業と違い、お客様が今、目の前にいるというわけではありません。でも、離れた場所にいようが目の前にいようが、お客様には変わりないのです。それを意識するようになってから、”正確さ”も求められる仕事なのだということがわかりました。修正を繰り返していては、結局時間がかかってしまいますから。
一番ドキドキするのは、F5を押して更新する瞬間。そして、実際に自分の作ったページがWeb上で公開されているのを見ると、とても嬉しい気持ちになります。それは、正確な作業をして、自分でも納得のいく仕事ができるようになったからこそだと思います。

Webへ挑戦する人へのメッセージ・応募者へのメッセージ

仕事内容のところで触れたとおり、私はDreamweaverもPhotoshopも触ったことはありませんでした。操作を覚えて、頼まれた仕事ができるようになると、どんどん楽しくなっていきます。半年前、不安だったのが嘘みたい!
食わず嫌いせずにいろいろ挑戦してみたら、きっと楽しいと思います。
そして、自分の作ったページが公開された瞬間の喜びを、ぜひ体験してみてください。